人間とペットの違い

人間の葬儀では、親戚の方がいらっしゃいます。
そして、適切な形で葬儀が執り行われます。
通夜や告別式が開かれる場合もあります。
一方、ペットの場合は、通夜などは行わず、関係者のみで葬儀を行います。
葬儀を行わず、お炊き上げを希望される方もおられます。
葬儀の規模に応じて、料金は異なります。

人間の葬儀とペットの葬儀は、規模こそ異なりますが、格は同じです。
ただし、一部の貴人は除きます。
故人やペットを悼む気持ちは、その人にしか分かりません。
あくまでも、自分がどうしたいかを考えましょう。
葬儀をあげるときは、信頼できる人にだけ、その情報を開示しましょう。

どんな生物にも死が訪れますが、その死を理解できるのは、その動物と深くかかわっていた者だけです。
死を受け止める努力をしましょう。
葬儀は半日かけて行います。
場合によっては、お経を唱えてもらいます。
死亡証明書の発行は不要ですが、お骨を持ち帰るための鞄は必要です。
ペットの葬儀は可決に行いましょう。
遺骨をしまう時は、仏壇など、壊れにくい棚にしまいましょう。
お墓に遺骨を埋める時や、土葬をされる時は、第三者に立ち会ってもらいましょう。
思い出の品は、そっと封をして仕舞いましょう。

Copyright © 2014 ペットが亡くなった時の葬儀 All Rights Reserved.