ペットの葬儀

大切なペットとも、お別れの時間がやって来ます。
どんな動物にも寿命があり、老齢を迎えるペットも多いです。
お別れのときに備えて、正しい知識を身につけましょう。
お別れは葬儀社への依頼で行います。
もちろん、ご自身でペットを土葬される方法も可能です。
あなたの大切なペットの葬儀を速やかに行う事で、悲しみを払拭出来ます。
火葬された遺骨は、骨壷に入れて持ち帰ります。
犬の場合は死亡届が必要です。
これは、狂犬病対策のため、地域の役所がその状況を把握する必要があるからです。
猫やその他の動物においては、各地域で対応が異なります。
土葬される場合は、腐敗臭にご注意ください。

Note for our english visitors: We would like to point you to our partner site Paternitytestinglabs.com which offers excellent information about the pricing and costs of a paternity test and all other aspects of DNA and paternity testing in particular. Do visit them if you're planning on getting to know your ancestors.


人間の場合も、ペットの場合も、多くの方が葬儀を選択されます。
人の場合は親族等の関係者が集まり、ひそかに葬式が執り行われます。
その他に、通夜や告別式も行われます。
ペットの場合は、葬儀のみ行われることが多いです。
場合によっては、簡易葬の上、速やかに火葬されます。
お別れは、仕方のないことです。
ご本人にとってはとても重要なことでも、事情を知らない周りの方からすれば、あまり興味の無いことです。
いつまでも悲しみを引きずらずに、事務的に手続きを進める勇気も必要です。
我が子のように大切に育ててきたペットとのお別れは、とても悲しいものです。
しかし、そのペットの死から得られることも多いでしょう。
人生は長いのですから、一つの試練にこだわらず、前向きに考えましょう。



◎注目サイト
老齢を迎えたシニア猫でも食べられる低カロリーキャットフードの通販サイトです ―> キャットフード

 
Copyright © 2014 ペットが亡くなった時の葬儀 All Rights Reserved.